>

食中毒だけは避けたい

お弁当に入れると危険な食材

基本的におかずは必ず火を中までしっかり通しましょう。
特にお肉類は、その種類に関わらずウェルダンに仕上げましょう。
もし、半焼けで入れてしまうと、食中毒になってしまいます。
また、同じ理由で、卵もしっかり火を通さないと危険です。
夏場の卵はくさりやすいので、できれば入れるのは冬場だけにしておいた方が良いかと思われます。
そして案外知られていないのがトマトのヘタ。
ここには目に見えない雑菌などがいるので、お弁当に入れる時にはヘタは取り、しっかり水で洗って、キッチンペーパーで水をきちんと拭いてから入れるようにしましょう。
煮物など、水分の多いおかずも暑い時期は腐りやすいので、避けた方がよいでしょう。
せっかく手作りするのですから、そのせいで体調を崩してしまうことのないようにしたいですね。

夏場でも腐りにくくする工夫

先にも述べた方に、夏場はおかずが腐りやすいので、入れるものは注意したいものです。
でも、そんな暑い季節でも比較的腐りにくくする工夫はあります。
例えば、お米自体は日本人はあまり腐りにくいと思い込んでいるところがありますが、実は腐りやすいので、ご飯を炊くときに、微量のお酢を混ぜたり、梅干しをおにぎりの具として入れると効果はあります。
また、ワサビやからしをお弁当のフタや角などに入れておくだけでも殺菌効果があります。
間違えて食べて辛い思いをしないことだけ気を付けたいですが、最近では殺菌作用のあるシートも売られているのでお弁当に入れるとよいでしょう。
カレー粉にも食材を腐らせにくくする作用があるので、味付けをカレー味にすることでおいしいだけでなく、食中毒のリスクも避ける事ができます。


この記事をシェアする